女性歯科医師の配慮した求人

男女平等とはいえ、家庭の家事や育児となると女性が行うもの、という認識がまだ一般的です。

これは当然、女性の歯科医師にも言えることです。

仮に結婚して子どもをもうけてしまえば、今までのような歯科医師としての働き方はできなくなる可能性が高いです。

パートナーの理解が得られて、お互いに協力してやっていくことは重要ですが、それでもパートナーが働いている場合には限界が出てきます。この場合、歯科医師としての働き方を諦めるという手段もありますが、それよりも時間や曜日を融通してくれる職場の求人を探してみるという方法があります。



週3日から働けて、女性医師は特別に勤務時間の相談にのってもらえる職場もあります。

上下関係がなくて居心地の良い職場であれば、万が一家庭の事情で抜ける必要が出てきたときにも、嫌な思いをせずに済みます。



また、歯科医院の仕事はたいてい定時で終わります。



18時終業というとこともあるので、子どもを保育園に預けながら働くことも可能です。

残業もほぼありません。

また、最近では訪問診療に力を入れている歯科もあります。

求人数はそれほど多くはありませんが、今後の高齢化社会のなかでは、ニーズが高くなっていく分野だと言われています。

求人を探すときには、余裕を持って仕事ができる職場を探しましょう。

特にまだ子どもに手間がかかるうちは余裕を持ち、だんだん手がかからなくなってきたら勤務日数を多くしたり、時間を延ばすなどの工夫をしましょう。